頭皮の健康のために|白髪染めはヘアートリートメントが世の常!

頭皮の健康のために

洗いすぎは避ける

洗髪

髪の毛を毎日ちゃんと洗っているのに、臭いやフケ、かゆみが気になったり年齢と共に髪のはりや量が少なくなってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。そういう方に一度試して頂きたいのが「湯シャン」です。湯シャンとはシャンプーを使わずにぬるま湯のみで洗髪を行う事をいいます。シャンプーで洗髪すると、本来必要な常在菌や皮脂までも過剰に洗い流してしまう場合が多く、清潔にしているつもりでもかえって頭皮にトラブルを抱えてしまう事があるのです。簡単なポイントを押さえて湯シャンに切り替えていくことで皮脂が正常に分泌されるようになり、気になる臭いやべたつきがなくなり、薄毛の予防にもつながっていきます。そして太くしっかりとした髪質へと変化していくのです。

マッサージも効果的

湯シャンをするにあたって難しいことは何もありませんが、いくつかポイントがあります。まず洗う前にほこりや皮脂を浮き上がらせて流しやすくするため、丁寧にブラッシングを行います。強く力を入れ過ぎて地肌や髪のキューティクルを傷つけないように気を付けましょう。柔らかい獣毛ブラシを使ったり目が粗めのナイロンブラシでも良いでしょう。そしてぬるめのお湯で、爪をたてないように指の腹を使ってマッサージするように地肌を洗い流していきます。きしみが気になる場合は、お湯にクエン酸を少量混ぜたものをリンス替わりに使用すると良いでしょう。洗髪後はタオルで挟みこむようにたたいて水気をとり、ドライヤーで地肌に風を通すように乾かしましょう。湯シャンをはじめてしばらくは臭いやべたつきが気になる事があるかもしれませんが、根気よく続けていく事で頭皮の状態が整いやがて臭いも気にならなくなってくるでしょう。